外構工事 岡山 駐車場の基礎工事 転圧は大事

美興プランニング 高本です。

岡山県は軟弱な地盤が多いですね~特に田畑を埋め立てての造成がほとんどで、建築を建てた後外構工事を急いでします。。

建築は地中に杭を打って沈下を防ぎますが、外構工事となるとそこまでの予算が、、となります。弊社もH1500を超える壁等は重量等掛かりますで、地盤調査票に基づき松杭などで対応します。

土間コンクリートの方は十分な転圧をして施工しております。 現実150mmほど掘削しての転圧ですと造成した盛土にさほど影響はありません。しかし、数値的に実証されるのが、下がった値です。 機械でつり込みを行わないと運搬できない程度の転圧機械で施工すると、建築の際、浄化槽廻り、地盤の緩い部分は明らかに下がります。

実際は5CM程度の下がり具合でしょうか? 建築中にトラックや施工者の車で締め固められた駐車場部分はほとんど下がりませんが、再度2mから掘削して施工した浄化槽廻り、締固めの出来ない建築の際などは明らかに5㎝位下がりますね~

毎回同じではありませんが、この沈下がコンクリートを打設した後に下がったとすれば、必ずひび割れ等の原因となってきます。

539976_1272446229518776_4835921825430417968_n 17759881_1272446222852110_931372001946365261_n

少しでも安心を増やすために、大きな転圧機械で施工するようにしております。

大変ですけどね~